日本狼犬クラブ 沿革

2016年1月1日 設立

有志4人で日本国内ベースの団体を設立する。

2017年1月1日 方向性の変更

一年間の活動を顧みて個人の趣味的クラブに方向転換する。

基本概念

  1. 日本国内に存在する狼犬の統一を図り、個体登録、管理維持、を行い個体と認めるべく対外交渉の窓口としての活動を目的とする。
  2. 飼育者に対して総合後方支援を行うものとする。

日本狼犬クラブ会則

会員はクラブ会則を理解し順守する。 日本狼犬クラブは、狼犬を愛する集まりで、会員の相互信頼と友愛を通じて、狼犬の 認定推進や保護啓蒙等を目的としています。 会員がそれぞれの立場、職業、身分や利害にとらわれることなく、常に公正の理念を その基本精神にしてます。

1.入会 会員は当クラブの目的を理解し、本会則を遵守し、所定の会費を納入することとする。 入会申込書が本部に受理され入会金・会費を納入し入金が確認出来た時点で会 員となる。

2. 会員は一世帯一会員とする

3. 当クラブのロゴマーク、情報などの無断使用は原則禁止とする。

4. 誤りはどんな小さいものであっても会員全体の親睦と信頼を損なうこととなるため、 どのブリーダー、オーナー、犬に対しても根拠の無い批判、噂をしない。  

5. 会則に違背し、当クラブの目的に反する行為を行った場合、他の会員に対して著しく 迷惑になる行為をした場合は役員会での協議の上、判断により除名となる場合があ る。悪質な場合は事実を確認した上で訴訟の対象とするなど厳しく対処する。

6.退会 会員が退会しようとする場合は退会申請書を本部に提出し、これが受理された時点 で退会となる。その場合、既に支払われた入会金、年会費の返金は行わない。

2016年1月1日制定

2017年1月1日変更